Information

  • 猟団ホーム : シリアス ランド8
    猟団内での交流目的、放置したい時等々、自由に利用して下さい。
  • StartUp 4 MHF
    便利なツールも付属したMHF用のスタートページ。
    詳細はココ!

アクセスカウンタ

  • 合計:478366  今日:39  昨日:49

最近の記事

最近のコメント

過去記事

カテゴリ

リンク

管理者用

団長の行方

2015年04月01日 0時00分00秒
貴様の無駄な時間: 3分41秒くらい



 
 
 
「団長どうする?Fの中入ったらどうする?」
aがskypeでいきなり変なこと言い出した。
「中二病的ななにかか?」
トゥポルは返事を打った。
「私が言い出したんじゃないよ。イキルカルで話題だよ。
入ったって言い張る人がいたみたいよ。」
それ2chネタ、、、、、。
「aは入ったらどうするの?」
「キャラバンのとこの気球に乗るよね。」
なるほどね。
「いやだから団長は?」
「そりゃ全部脱ぐ。」
まぁそうだよな、想像通りだとaに言われた。
イキルカルを見てみたら、
意外と盛り上がっていたが今日はイベクエを終わらせねばなので忙しい。
aが静かになった。話は終わったようだ。

 



 
「aいるか?」
個人チャットの音がした。
珍しい。団長がFの方で個茶してるぞ。
てか団長Fにinしてたっけ?
「はいはーい。」
「すごい、というかなんというか今Fの中だ。」
、、、、。
あれか?もうすぐエイプリルフールだから体を張って
ネタを提供してくれてるというのか?
団長相手だしここは気を使ってのるべきか。
「大丈夫ですか?春ですけど。もうすぐ4月ですけど。」
「4月バカといいたいんだな。」
さすがの勘である。
「いやほんとに中に入ってるみたいなんだよ。
イキルカルまともに見てなかったんだけど。あれなんて書いてあった?」
「見てみよか。てか脱いでないね。」
「脱げないw 防具は脱げるけど後は一体化している。」
残念だったね団長;;
イキルカルの履歴を探す、、、
「体がめっちゃかるくて、防具は一切重くない。
武器はものによっては違って重く感じるのもある。
ダメージをくらうと衝撃はある。でもただそれだけ。
会話は頭の中に字が浮かぶ感じ、
ハンターもモンスも画面よりリアルだけど
ハンターの表情が一切変わらないのが不気味。」
aはとりあえずFの中に入ったと言い張る人のコメントを打ち込んでいった。
「まぁそんな感じ。
人(ハンター?)がいきなり消えるのが最初驚いたよ。
どうやって戻れるかは書いてない?」
うーん。なんか発言がリアル。まさかほんとに?
「まぁ気づいたら戻ってた、って夢落ち的なこと書いてあるよ。
アイテムボックスの中ってどうなってんの?みた?」
「真っ暗。開くとチャットと同じような感じで頭の中にリストがでてくるっていうか。」
ほほう。
「楽しい?」
「最初は新鮮。今は戻れるのか不安。」
どうやら一通りクエも行ってもういいらしいw
「って団長、ほんとにはいってんの?」
「本当。ていうか私Skype、inしてる?」
「いいやSkypeもSteamもinしてない。」
今リアル本人はどうなってるんだろう!?
イキルカル情報によると、
ゲームをしてた、もしくは寝てた的な状況のようだ。
そこらへんが信憑性がないと突っ込むコメントが多数あった。
 
団長がもしいきなり精神的な病だとしても、
戻れないって悩むのはかわいそうだ。
「ひらめいた!明日メンテじゃん。戻れるんじゃ?」
「なる。」
「戻れなかった人とかいないっぽいけど、
どうよ?全茶で『今Fに入っちゃってる人ー』とか言って仲間探してみるのは?」
「人として無理。まぁ様子を見よう。a悪いなもう落ちる時間だろう。」
確かに10時を過ぎていたのでじゃあまた明日と挨拶をしてaはログアウトした。
 

 
次の日。
トゥポルはPCを立ち上げた。
skypeの音がなる。
「団長!!!!戻れたんですか!!!!」
aが騒がしい。昨日inできなかったくらいでそんなおおげさな。
「?」
「?って。昨日Fの中入っちゃったって言ってたじゃんか。」
前々からおかしいところはあったけど、ここまできたか。
風邪がひどかったため入れなかったと言うと、
「んなバカな。記憶ないのか。覚えてる人と覚えてない人がいるのか。」
自問自答が始まった。
あれだ、イキルカルネタを引っ張っているな。
「昨日私がFにinしてて、中に入ったって言ってたのか?」
「いえーす。」
大喜利のお題にしては難しい。しばらく考える。
 
「わかった。チャットログ見てみる、、、、」
aが言った。それはいいアイディアだと伝え夕食の準備に取り掛る。
 
「団長、コピペするよ」
 
トゥポルはaがコピペしたチャットログを見た。
確かに私がしゃべったことになってるけど、
別のトゥポルじゃ、、、と思ったとこで気がづいた。
「IDがない、、」
「IDないよ!」
aも同時に気づいたようだ。まてよ、でもこれ信じていいのか?
aのおふざけではないのか?
「こえええええ。でもまぁ、今戻ってきたんだよね?よかったよ。
じゃあご飯いってらー」
安心と納得な様子である。いろいろ謎は残るけど、ご飯ご飯。
 

 
数日後。
『トゥポルがskyrimをplayしています。』
steamのポップアップがいきなりあがった。
aはびくっとした。
団長skyrimにもinしてないし、Fにもいなくないか?
悪寒が走った。これは団長はスカイリムに入ってしまったのでは?
騒がずに、よ、様子を見よう。aは自分に言い聞かせた。
 

 
1週間後。
aの予感は当たった。団長はあれからFにinしていない。
steamをやってる団メンバーにもplay中の表示がでるらしく、
団長はスカイリムにはまってかえって来ないと噂している。
steamで話しかけても返事はない。
スカイリムはソロゲーである。
同じゲームをやって話しかけることができない。
そしてネトゲではないためメンテがない。
 
 
 
 
 
そして結局団長は戻ってはこなかった。
 
 
しばらくびびった後、aはしみじみと思った。

 
団長よかったね。全裸で野原を駆け巡る夢がかなったんだな!
 
 
 


 
 




コメント

  • トゥポル

    2015年04月01日 21時21分02秒

    なんだかまるでゲーム内に巻き込まれてしまった
    哀れな男の話みたいじゃないかw
    にしても、眼福ですな~。
    目が覚めますわw

  • 2015年04月01日 23時09分33秒

    どっから持ってきた画像なのかw
    スカイリムは画像キレイでいいよねw
    MHFでは諦めるよりほかないわねー
    バスでスマホで見てたらちょっと吹きました
    どうしてくれるんだこら

  • a

    2015年04月02日 11時59分15秒

    隊長、

    ゲームに入ってしまうというのは、哀れというよりむしろ私の夢なのです。
    中世のお城の中でry

    skyrim人気でるわけだよなww

    z、

    長いの読んでくれてありがとう。
    超うれしい。
    隊長に理由を言わず画像を送ってもらいました。のりのりで送ってくれました。